子供を狙ったデザイン

二段ベッドのメリットについて

白いソファー

日本の住宅事情や家族構成から二段ベッドの利用について検討する人がいます。いうまでもなく、二段ベッドは上下に二段マットが敷かれていることから一人分のベッドスペースに二人が寝られます。このことで、スペースの有効利用が可能になります。昔の学生寮や社員寮では当たり前に使われていましたが、最近ではプライバシーの観点から、若者に敬遠され、公共面では、一部の施設において使用される程度になってきました。ただし、子供のいる一般家庭においては、二段ベッドに今でも根強い人気があります。先に述べたようにスペースの有効利用や兄弟や姉妹が仲良く使える、という楽しさもあることから広く利用されています。最近は、多様なデザインや、より安全に配慮された新しいタイプの二段ベッドも登場しています。

デザインや素材にもこだわった商品

二段ベッドの特徴として、上のベッドには梯子を使う、という点が挙げられます。梯子を使う際の安全性に配慮した二段ベッドや部屋のインテリアにマッチするようデザインされた様々な商品が市場に登場してきました。子供を対象にデザインされた二段ベッドには、アニメのキャラクターや自然を味わえるような木製のもの、家具と一体化したような商品なども見られます。さらに、使用する子供の喜ぶようなカラフルな色使いにより、部屋の雰囲気を明るくする効果が期待されるような二段ベッドも多くあります。重要な安全面では、過去の事例を参考にした多くの改良点を始め、製品安全協会が設定する安全基準をクリアしたSGマークやシックハウス症候群の原因といわれるホルムアルデヒドを示すマークなど、購入する側が商品を選択する際の基準も導入されています。