ヒートショック

今後期待される二段ベッド商品

笑顔の女性

高齢化社会を迎えた日本は、人口の4人に1人が高齢者であるため、快適に暮らすために家庭環境を見直す必要があります。移動がスムーズになるリビングの見直しや、ヒートショックを起こさないよう浴室やトイレの見直し、それに加え寝室の見直しも必要です。寝室は快適な眠りをするための空間ですが、子供と一緒に暮らさない世代が増えた現在、高齢者夫婦のみの生活となっています。日常で気を付けていても、高齢者は予期せず体調を崩したり倒れたりする可能性が高いため、常に互いを見ている必要もあります。そこで今後期待されるのは、高齢者夫婦も仲良く使用できる二段ベッドであり、足腰に負担を掛けない階段や体をケアするマットレス等、健康をサポートするベッドが求められます。

ベッドを使用する時の注意点

ベッドスペースを確保し狭い場所も有効活用できる二段ベッドですが、利用する際にはいくつかの注意点があるため、事前に確認しておくと安心です。二段ベッドは上下に人が寝る構造になっており、飛び跳ねたり強い衝撃を加えると、天板を破壊し怪我をする可能性があります。そのため飛んだり跳ねたりするのは止め、上下の人に迷惑をかけないように、静かに昇り降りをするように心がけると良いです。二段ベッドの上に寝る場合は天井に近いため、夏場になると温度が高くなる傾向があるので、扇風機やクーラーを上手に活用して、熱気がこもらないように気をつけます。暑くてもそのまま放置してしまうと、熱射病になたり体調を崩す可能性があるため、温度をこまめにチェックする必要があります。